まることぶたこ&ぽぅの日記

まるこの農園や、ぶたこのお菓子作り、畑仲間ぽぅの日々の小さな出来事をつづった日記です。
<< 畑の様子 | main | インコ7 >>
椿油1; 陸前高田市
昨年10月に夙川カトリック教会で開催した東日本大震災復興支援イベント、たくさんの皆様のご来場とご寄付をありがとうございました。
ご報告が大変大変遅くなりましたが、クッキーや珈琲の売上げ金全額および寄付金のうち、一部は「あしなが育英会」を通じて被災地の子供たちの奨学金に、それ以外は全て、夙川カトリック教会のお取次ぎにより、岩手県陸前高田市の社会福祉法人、大洋会に寄付いたしました。
大洋会の運営する施設、青松館では、クリーニング事業や軍手の作成、ほおずき栽培をされています。

そして、平成24年4月から「椿油」の製油事業を始めました。
元々、椿油の精油をしていた工場が陸前高田市にあったのですが、津波で工場が流れ、その上、跡取り息子さんを亡くされたため、廃業を決意されました。それを知った青松館が、その製法を習い、製油の伝統を守ろうと始めたのです。

椿油と言うと、髪のケアに良いというイメージでしたが、これは食用です。
関西の私には馴染みがありませんでしたが、高級油として、てんぷらや料理に昔から一般的なのだそうです。


寄付金は、この油が採れる椿の種を保存しておく貯蔵庫を建てる資金に充てられます。

私は椿油が出来るまでの工程を全く知らなかったのですが、椿が咲いたあと、種が出来ます。それを地元の人たちが拾い集めて施設に持ち込み、施設はそれを買い取ります。そして、昔ながらの圧搾法で絞り、瓶詰めとなるのですが、それでは一年のある一時だけに仕事が集中してしまいます。ですので、適温で種を保存し、年間を通して作業できるようにすることで、仕事として成り立ち、製油量も増えるというわけです。
| feu-ashiya | feu | 08:46 | - | - | -
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

このページの先頭へ