まることぶたこ&ぽぅの日記

まるこの農園や、ぶたこのお菓子作り、畑仲間ぽぅの日々の小さな出来事をつづった日記です。
<< カシミール:手工芸 | main | カシミール:手工芸3 >>
カシミール:手工芸2

織りあがったストールに刺繍をするのは、また別の所。ベテラン職人さん、女学生が家計を助けるための内職、少年のミシン縫い。様々です。

郊外の村、女学生たちが午後の時間を利用して、刺繍をしていました。

刺繍もさることながら、「美人だなあ。」と、彼女たちに見とれてしまいます。


こちらは、ベテラン職人。孫のお守りをしつつ、首から糸を回して刺繍しています。下絵もなしに、黙々と針を刺しています。

彼がしているのは、こんな柄。なんと呼ぶのでしょうか、金糸や銀糸を、朱などの糸でかがっています。



こちらはカシミールの伝統的な女性用コート。襟ぐり、そで口などに刺繍されています。

スリナガル街中でも、職人さんの作業が見られます。「すみません、見せてください。」と言うと、どうぞどうぞと中に入れてくれました。

こんな模様がオーダー出来ます。服やショールを持っていかなくても、リボンに刺繍をしてもらい、後からそれを縫い付けることも、もちろん出来ます。これが、全て手刺繍だなんて!すばらしい!このビーズ柄、何かにつけて欲しいな。



どこから来たの?なんてことを話しながらも、手は動かし続けています。


職人技を見た後、ミシン刺繍の所へ。一室に8台ほどのミシンが置いてあり、10代の子たちが下絵に沿って、ミシンを動かしています。

足踏みではなく、手回しミシンです。右手で回しています。

この小さい子は、模様が少ない簡単なもの。やはり、高価な手刺繍ばかりでは販路が限られるため、こういった量産をせざるを得なくなっているそうです。

子供たちは、好奇心旺盛。携帯に日本人の写真に収めていました。


| feu-ashiya | 旅行 | 04:20 | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ