まることぶたこ&ぽぅの日記

まるこの農園や、ぶたこのお菓子作り、畑仲間ぽぅの日々の小さな出来事をつづった日記です。
<< たけのこ掘り | main | “スミレ”と“コケ”と薬草たち >>
こんにゃく作り
2年前に植え付けたこんにゃく。
本来は秋に収穫するのですが、秋はとにかく忙しい渦巻き
草刈り、夏野菜の片付け、秋の種蒔き、芋掘りのほか、栗拾い、柿とり、干し柿作り等々、作業が目白押しで、こんにゃくのお相手まで手が回らないのです。

でもいい加減掘り起こしてみなければと、芽が出る前に掘り起こしてみました。大きく育ったもの、生子(きご)と呼ばれる小さいもの、たくさんありました。

今回は、掘る時に傷つけてしまったものを4個収穫。

さて、初めてのこんにゃく作り。
凝固剤には、水酸化カルシウム、炭酸ナトリウム、草木灰があります。

折角だから草木灰で作ってみようと、まずは焚き火をして灰を作るところから… 今回は麦わらを燃やして作りました。


こんにゃく芋を蒸して皮をむくとこんな感じ。
里芋に似た感じです。


灰に熱湯を加えて灰汁(あく)汁を作ります。


その後の手順は省略して、いきなり完成です照れる

かなり柔らかめで大成功とはいえませんが、市販のコンニャクのような独特の臭みが全くなく、お刺身で食べるのがよさそうでした。

それにしても小さなこんにゃく芋から想像以上に大量のこんにゃくが出来るので驚きました。
そのほとんどが水分なのですね。調べてみると97%が水分だとか。
確かにそのくらいたくさん灰汁汁を加えました。

結果的に灰汁汁作りが一番厄介でした矢印ので、次は炭酸ナトリウムで作ってみようと思いますおはな
 
| feu-ashiya | 収穫物加工 | 20:31 | - | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ