まることぶたこ&ぽぅの日記

まるこの農園や、ぶたこのお菓子作り、畑仲間ぽぅの日々の小さな出来事をつづった日記です。
カメレオン_12
9月にいなくなった雲は未だ見つかっていません。思えば、雲は最初からずっと脱走することばかり考えていたような子でした。
それに比べ月はとてもおとなしく飼いやすい子で、我が家にもすっかり慣れたようです。
10月には2頭が仲良くくっついていましたので、1ヶ月後には産卵するかもしれません。


今日はバルコニーで日向ぼっこさせました。
ハンドリングは基本的に日向ぼっこの時だけです。
ジューンベリーの枝につかまらせます。


月は日本に連れて来られてから初めて空を見たのかもしれません。
最初は空ばかり眺めていました。何だかかわいそうです

風もとても気持ち良さそう。
ケージなどに入れないので目を離せませんが、もっと頻繁に外で日光浴させてあげたいなと思いました。

| feu-ashiya | ペット | 20:02 | - | - | -
カメレオン_11
台風が去ったあくる日、風で飛んだすだれを直したりしている時に、ほんのわずかな隙間から雲が外に出てしまい、作業に夢中だった私は気付くのがすっかり遅れてしまいました。
その日の午後から約10日間、朝な夕なに 庭中を探し回りましたが見つかりません
雲は2回目の産卵直前で、落ち着きが無くなり床を歩いたり、卵を産む場所を探して観葉植物の根元を掘ったりしていました。

これが雲の最後の写真となってしまいました。

雲がいなくなってから、餌や水はちゃんと摂取するものの、何となく活動が鈍り元気がなくなっていた風のために、今日CANDLEさんで新しいお友達を探してきました。
雲の時は雌が1頭だけでしたが、今回は5頭の中から色の綺麗な子を選びました。

CANDLEさんで、小さな入れ物に入れていただいて家まで連れて帰ります。


最初は、皆こんな感じ。お外に出たいよー


そしてシュンとしていた風が月(※)に気付き、早速近づいていきます。
月は、口を開けて怒っています。


こっ、こわい…  雲はこんな怒り方はしなかった…
かなり気が強そうです。

※今日は中秋の名月なので「月」と名付けました。

CANDLEさんに雲のことを話すと、夜のほうが探しやすいかも、とのことでした。もちろん、毎晩探していたのですが、まだ諦めきれないので今晩も懐中電灯片手に捜索します
| feu-ashiya | ペット | 17:31 | - | - | -
換毛
8月に入ってから、まるこの抜け毛が増え始めました。エアコンの影響か換毛期が毎年違います。

換毛期は、飲みこんだ毛がお腹にたまって詰まる「毛球症」という病気になる可能性が高くなります。まるこも過去に3回毛球症になり、危なかったことがあります。

この毛球症を防ぐには、ブラッシングをして、飲みこんでしまう抜け毛をできるだけ少なくしてあげるしかありません。

ブラッシングが嫌いなまるこ。
抱っこしてバルコニーでブラッシング。抜けた毛がホワホワと風で飛んでいきます。

色々なブラシを試しましたが、手袋型のブラシが一番使いやすく、面白いほど毛が取れます。


いい子にしていたご褒美に、この後おやつをあげます

| feu-ashiya | ペット | 10:40 | - | - | -
カメレオン_10

カメレオンの餌は生きた昆虫などで、ペットショップで購入できるコオロギを与えるのが一般的です。でもそれでは栄養が偏ってしまう… 私は農園で色々な虫を捕まえてあげています。結構好みが難しくて、においのするカメムシ、アゲハの幼虫、コガネムシなどには見向きもしないし、小さいカタツムリのようなものは半分かじってペッと吐き出しました。

好物のひとつがヨトウムシ。
土中にいてキャベツやネギなどの苗をポキッとかじり折ってしまったり、白菜をすごい勢いで食べて丸坊主にしたりと本当に腹の立つヤツです。
それを風・雲がパクッと食べてくれると胸がすぅーっとします

モンシロチョウの幼虫も大好きですしモンシロチョウも好きです。
(絵本「カメレオンはどこ?」より)
でもそればっかりだと飽きてしまう、、となかなか難しい。

最近はコオロギにも飽きたようで、風はじっと眺めているだけのことが多いですし、雲も一匹は食べますが「他に何かないの?」といった目でこちらを見ます。

暑くなってきてバッタがどんどん成長していますので、農園に行くたびにバッタ捕りに精を出しています。
今のところ、風も雲もたくさん食べてくれます。

葉っぱと間違えられた?

葉っぱの下のバッタを見ています。

最近、雲はすごい食欲で、何となくお腹が膨らんできたような… 
もしかしてまた卵を産むのでしょうか…

| feu-ashiya | ペット | 16:51 | - | - | -
カメレオン_9

風・雲は2階の南向きリビングにいましたが、昼間の気温が高くなってきたため1階の北向きの部屋に別荘を造り、今日ここへ移動させてみました。

ここは、"アトリエ"と呼んでいる、雑貨屋さんをイメージした私の趣味の部屋です。

洗濯機用の棚にツルを巻きつけて観葉植物を配置した簡単な造り。

風は早速、天井から吊るした植物のコードを登っています。

雲がいない…と思ったら、またカーテンを伝って全然違うところへ。行動が読めない子です。


卵を保管している保冷温庫もこの部屋に置いています。
19℃に設定していますが、測定してみると16℃〜23℃とかなり幅があるようです。


夕方、天井近くまで昇った状態で風のしっぽが丸まってきました。
寝る体勢です、ここで寝るつもりでしょうか…

エアコンが必要なくらい暑くなったら、また元の住処に戻ります


そうそう、昨日のCANDLEさんのブログで風雲が紹介されました!http://blog.livedoor.jp/reptile_candle/

| feu-ashiya | ペット | 17:53 | - | - | -
カメレオン_8
10日以上餌を食べなくて心配していた雲が昨日、産卵しました。
交尾は4月10日、私の留守中に主人が証拠写真を撮ってくれていました。

どんどんお腹が大きくなり、産卵2日前には、風の背中に乗って「お腹が苦しいよ〜」と甘えている(?)姿が見られました。


昨日、朝から観葉植物の根元を手で掘り始め、穴の中に卵を産んで、また埋め戻して。
終わったのが午後6時、10時間もかかりました。小さな手で一生懸命掘る姿はいじらしかったです。
分かりにくいですが、右が頭。埋め戻し中です。


今朝、掘り起こしてみると卵は13個ありました。せっかく掘ったのにごめんなさい。


タッパーに並べて、適湿、適温を保って管理。
孵化まで約1年もかかるそうです。
 

何もかも初めての事で、わからないことだらけ。インターネットで調べてもフィッシャーカメレオンの情報量は少なくて、CANDLEさんに色々教えていただいています。
上手くいくといいのですが。
| feu-ashiya | ペット | 10:05 | - | - | -
カメレオンの絵本
カメレオンに関する本を探していたら、絵本が何冊か見つかりました。
上の二冊は図書館で借りたもの、三冊目は知人に差し上げるために購入したものです。
いずれも、カメレオンの体色の変化を題材にしたものです。
 



       

カメレオンというと、周りの色に合わせて自在に体色を変える事ができると思われていますが、残念ながらこれは大きな間違いです。


多少、緑が濃くなったり、明るい黄緑になったりして、葉っぱや枝の中に溶け込みますが、赤い色画用紙の上を歩いたからといって赤くなることはありません。

基本的にカメレオンが体色を変化させるのは、温度や光の強弱、感情などによるものだそうです。
我が家の風と雲は、怒って真っ赤になるなんて事はありませんが、種類によってはオスが違うオスに出合ったり、メスを見て興奮したりして赤・黄の派手な色に激変したりします。

それでもカメレオンが可愛く描かれているのはとてもうれしいことです。


可愛い絵本でカメレオンに興味を持つ人が増えるといいなと思います
| feu-ashiya | ペット | 21:25 | - | - | -
カメレオン_7

先日、初めてバルコニーで日光浴を楽しみました。
白い花を咲かせたジューンベリーの枝で風・雲仲良く

風を感じて、気持ちよさそうでした。


ところで、カメレオンはたくさん水を飲みますが、自然界では木の葉から落ちるしずくなどをなめて生活しているため、容器に溜まった水は水と認識できないそうです。
そこで毎朝、スポイトで水をあげています。

ペロンと丸い舌を出して飲みます。
カメレオンのママ気分を満喫できる最も楽しい時間です。

| feu-ashiya | ペット | 22:14 | - | - | -
カメレオン_6

カメレオンの風と雲は、我が家での生活に慣れてきたようです。そして私も
カメレオンに少しずつ慣れてきて、毎朝「生きているだろうか…」と心配することもなくなってきました。

最初はこげ茶色でトカゲそのものだった雲は、わずかながら目の周りがグリーンぽくなってきました。


最近、風と雲は一緒の樹で眠るようになり、日向ぼっこも仲良く一緒にすることが増えてきました。

葛のツルで作ったリースをとても気に入ってくれました。


窓ガラスに張り付いて外に出たがることもなくなり、いつも決まった所で日向ぼっこを楽しんでいます。

| feu-ashiya | ペット | 22:57 | - | - | -
カメレオン_5

カメレオンとの出合いは初めてケニアへ行った時でした。サファリに向かっていた時、ドライバーが突然車を停めたため「何がいたの??」と期待いっぱいで車を降りると、ドライバーの手に小さなカメレオンが。
その時「カメレオンが車の前を横切った」と聞いたように記憶していて、それ以来カメレオンとは素早く走る生き物だと信じてきたのです。
聞き間違いだったのか、ドライバーの言い間違いだったのか… 

風と雲と暮らしてみて、カメレオンはゆっくりゆっくり生きていることが分かりました。
タンザニア出身ですから… ポレポレさん達です  
(ポレポレとはスワヒリ語で「ゆっくり」という意味です)

そんな二頭ですが、先日ポカポカ陽気の日に窓ガラスを開け網戸だけにすると、急に動きが速くなって網戸へまっしぐら。
カメレオンの中でもこのフィッシャーカメレオンは明るい所が大好きだそうです。

わーいわーい 

昼間は紫外線ライトを付けていますが、そんなの全然うれしくないんでしょうね。本物のお日様が大好きです。

相変わらず雲は高い所が好き。
カーテンを登ってカーテンレールを散歩します。

お日様効果でこの日は二頭ともかなり動き回りました。

夕方5時を過ぎた頃、渡り廊下を渡ってねぐらに戻っていきます。
風は右のゴムの木へ、雲は左のカポックへ。
電池が切れかけたかのようにゆっくりゆっくり… 日暮れまでにたどり着けるか心配になるくらい。


どこにいるかわかりますか? 葉っぱの陰に隠れて。おやすみなさい 

放し飼いとはいっても、部屋中を歩き回るわけではありません。2本の観葉植物と遊び場にしているケージの枠の辺り、そして時々、窓辺やカーテンレールを散歩するくらい。
部屋中を走り回っているうさぎのまるこはカメレオン達には全く興味なしです。その存在に気付いているのかどうかも分かりません

| feu-ashiya | ペット | 20:19 | - | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

このページの先頭へ